2017年8月7日

Fuji X-E1とMマウントレンズ

Fuji X-E1 + LEICA SUMMICRON-C 40mm F2

Fuji X-E1で「SUMMICRON-C 40mm F2」と「M-ROKKOR 90mm F4」を使ってみた。
やっぱり、X-E1にはレンジファインダーのレンズが似合う。

マウントアダプターは「FUJIFILM M MOUNT ADAPTER」を使った。
このマウントアダプターにはファンクションボタンが付いていて、押すとマウントアダプター設定を呼び出すことが出来るが、
これが以外と便利だ。
今まではメニューからなので焦点距離のセットを忘れてしまうことが多く、マウントアダプター設定を使っていなかったが、
このアダプターだとファンクションボタンが目につくからか、セット忘れがなかった。

一般的なアダプターと比べると高価だが、MマウントやLマウントのレンズを多く持っているなら重宝するかもしれない。


Fuji X-E1 + MINOLTA M-ROKKOR 90mm F4

X-E1では、カメラ本体にあらかじめ登録されている21mm、24mm、28mm、35mmの焦点距離と、
二つの任意の焦点距離を設定できる。
さらに、このアダプターを使うと、それぞれに歪曲収差補正、周辺光量補正、色シェーディング補正が設定できようになる。

今回は補正を使わなかったが、いずれ使ってみたい。

0 件のコメント :

コメントを投稿