2017年11月22日

モニターのキャリブレーション

今まで使っていたI-O DATAのモニターが、画面の上と下で明るさが違ってきた。
普通に使っているとあまり気にならないが、ローキーな写真では中間部の明るさが違ってくる。
つまり写真の上と下で明るさが微妙に違っているのだ。

そこで、モニターをDell P2016 に入れ替えた。
アスペクト比16:10で、19.5インチのIPS ノングレア、解像度が1440x900である。
サイズと解像度は今までのI-O DATAのモニターと全く同じだ。
アスペクト比16:10のモニターはフィルム比の3:2に近く、写真では使いやすくて好きなのだが、
だんだんと少なくなってきているようだ。


i1Display Pro

新しいモニターなので、とりあえずX-Riteの「i1Display Pro」を使ってDell P2016のキャリブレーションをしてみる。
「i1Display Pro」を使えばハードウェア キャリブレーションができないモニターでも、
ソフトウェア キャリブレーションをすることができる。

ハードウェア キャリブレーションは、白色調整、階調調整、輝度調整などを、
パソコンからの情報ではなくモニター自身で変換して色表示をする方法である。
それに対してソフトウェア キャリブレーションは、モニターの特性を測定した結果として作成されるICCプロファイルを基に、
パソコンのビデオドライバーなどで変換をしてモニターに表示される色を調整する方法である。


i1Profiler

「i1Profiler」アプリを起動して、ユーザーモードは詳細にする。
次はワークフローセレクタから「ディスプレイープロファイル作成」を選ぶ。
キャリブレーションするディスプレイでDell P2016を選び、光源を「白色LED」にする。
白色点は「CIEイルミナントD65」で色温度6500Kを、輝度は120cdを選ぶ。
プロファイル設定はデフォルトを使う。
ガンマは2.2。


「i1Display Pro」をモニターにセット

ブライトネス、コントラスト、RGBゲインの調整にチェックを付ける。
モニターを工場出荷状態にリセット、「i1Display Pro」をモニターにセットして測定を開始する。


RGBゲインのテェック

最初にコントラストのチェックが自動で行われる。
次にRGBゲインのテェックが行われ、左上に結果と調整パネルが表示される。
ここではRゲインの値に黄色の上矢印が出ているので、Rゲインを上げろということだ。


RGBゲインの調整

右下のモニターの設定メニューではRGBゲイン全てが初期値の100になっているので、
Rゲインを上げる代わりにGゲインを95、Bゲインを97に下げて白色調整をする。
これでRGBゲイン全てに緑色のチェックマークが付いて適正になった。


輝度のチェック

次は輝度のチェックが行われ、結果と調整パネルが表示される。
ここでは、輝度を下げろという指示の黄色の下矢印が出た。


輝度の調整

モニターの設定メニューでは輝度の初期値は75%になっていたが、43%に下げると目標値の120cdになり、
黄色の矢印が消えて緑色のチェックマークに変わり適正になった。
これで輝度の調整は終わりである。


キャリブレーション

この後、モニター画面に様々なカラーを表示しながら、3分程度のキャリブレーションが続いた。


iccプロファイルの保存

キャリブレーションが終わると作成されたプロファイルが表示されるので、
保存すると自動的にモニターのiccプロファイルとして適用される。

キャリブレーション後のDell P2016は、以前のI-O DATAのモニターの時と、ほぼ同じ明るさと色再現になった。
これで上下の明るさの違いを気にせずに、クリアな画面で写真の調整ができる。

2017年11月12日

シャープ PEN

E-P5 + L39-m4/3アダプター + NOOKY-HESUM + Leica Summar 5cm

オリンパスPENでシャープPENを撮ってみた。
使ったレンズはLeica Summar 5cm F2で、それに近接アダプターのNOOKY-HESUMを使っている。

PEN E-P5への取り付けは、L39 - m4/3マウントアダプターを使う。
NOOKY-HESUMに沈胴したLeica Summar 5cm F2を取り付け、それをL39-m4/3マウントアダプターに付けてE-P5へ装着する。
ピント合わせはNOOKY-HESUMのヘリコイドで行う。

m4/3だと換算100mmの画角になるのでNOOKY-HESUMを使うと、そこそこの大きさで撮れるが、
今回は使っていないがデジタルテレコンを使えば更に倍率が上がる。


ぺんてる KERRY(万年CIL)

ぺんてる KERRYは、1971年に発売されたキャップ式のシャープペンシルだが、
万年筆をイメージした外観で、万年シルとも呼ばれている。
発売当初はKERRYという名称ではなく、後に付けられた。

材質は軸はポリカーボネート、ノックがステンレス、クリップは鉄、先金とローレットは真鍮、
キャップはアルミと多様な材料が使われていて、重さは22gである。


万年筆のようにキャップを外す

万年筆のようにキャップを外して使うという感覚が格別で、芯出しのノックの感触や、
剛性に溢れた使用感もケリーならではだが、現在も1000円前後で手にすることが出来るのも驚きである。


KERRYとPG1505

キャップを嵌めた時のカチっという音が小気味いい。
キャップを後ろ軸に嵌めるとペン側と連動され、ノックできる状態になる。
もちろんキャップを外したままでも使うことができる。

隣にあるのは1976年に発売された、ぺんてるの「製図用シャープペンシル PG1505」で、すでに廃番になっている。
PG1505はグラフシリーズの製図用シャープペンシルでは2番目に当たる。
外装は全て金属製で、材質は軸はアルミ、ノックがステンレス、クリップは鉄、先金とローレットと芯硬度表示窓が真鍮で、
持ってみると重心の低い、ずっしりした重さを感じる。
そして、クリップは取り外すことができるので邪魔になることがない。
これは長年使っているので、ローレットのメッキが剥げて真鍮の地金が出ている。


KERRYのペン先

KERRYのローレットは、1969年のメカニカMECのローレットを思い出させる。
それと、先に向けて細くなっている先金も美しい。


Leica Summar 5cm F2とNOOKY-HESUMは、これらのシャープペンシルよりずっと前のレンズと近接アダプターである。
長く使える道具は、実用的で美しい。

2017年11月5日

All About Saul Leiter

ソール・ライターのすべて

「ソール・ライターのすべて」はBunkamuraで開催された回顧展に合わせて出版された写真本である。
回顧展の図録という役割でもあるが、写真部分だけで273ページもあるペーパーバックで写真集としても見劣りしない。


写真の大きさは同じでない

「Early Color」のほうが印刷が良いと評判だが手に入りにくく、今では高価になっている。
縦位置写真が多いのでページ全体を使っている場合は、このペーパーバックでも写真の大きさは変わらないと思う。

ページを捲ると最初にファッションとコマーシャル写真が続く、ここでも鏡や映り込みを使っているのが興味深い。
中でも「靴の広告」は俯瞰構図と傘という、ソール ライターのストリートフォトでよく見られるスタイルなのだ。
最初のページにある「私が望んだのは、撮影の結果がファッション写真以上の”写真”になることだった。」
という言葉通りファッション写真の枠を超えている。

さらにページを捲ると「T」が現れストリートフォトへと続いていく。
「赤いカーテン」「雪」「天蓋」「463」と、絵画を見ているようなカラー写真が続く。
カラーの間に「スカーフ」「帽子」「メリー」「ペリーストリートの猫」などのモノクロも収められているが、
カラーのほうがページ数も多く見入ってしまう。
特にカラー写真は日本文化や浮世絵などの影響を受けたからか、
見えない部分の気配を感じさせる構図や叙情的な描写をもたらしている。

そしてバーバラなどを撮った、デッサンのようなモノクロのプライベートヌードとペインディングで締めくくられている。


厚みのあるペーパーバックだ

約200点の写真が収録されていて、文字通り『All about Saul Leiter』だ。
これ一冊でソール ライターを俯瞰することができ、十分に彼の色を感じることができるだろう。
写真の余白に散りばめられたソール ライターの言葉も魅力的だ。

2017年の春に「Bunkamuraザ・ミュージアム」で開催された回顧展だが、
来年(2018年)の春に伊丹市立美術館で開催される予定なので楽しみである。

2017年11月4日

最初に使ったミラーレスカメラ E-PL3

OLYMPUS PEN Lite E-PL3

最初に手にしたミラーレスカメラは、Olympus PEN Lite E-PL3だった。
この時はE-P3にすることもできたが、チルトモニターが欲しかったのでE-PL3にした。
そう、オリンパスでチルトモニターが付いた最初のカメラがE-PL3だった。
コンデジのようなデザインだったが、シルバーカラーのカメラは初めてだったので気に入っていた。

カメラのボディケースは使わないのだが、E-PL3のボディは滑りやすいので使っていた。
小さいボディが、ボディケースを付けると手に馴染む大きさになるのがよかった。

当時はチルトができる外付けEVFのVF-3とチルトモニターを使って、
二眼レフのように上から覗き込むスタイルでよく撮っていた。
初期設定ではエッジが少しきついが、よく写るカメラだった。

OLYMPUS PEN Lite E-PL3


OLYMPUS PEN Lite E-PL3


OLYMPUS PEN Lite E-PL3


OLYMPUS PEN Lite E-PL3


OLYMPUS PEN Lite E-PL3


OLYMPUS PEN Lite E-PL3

2017年11月3日

Nik CollectionがDxOに



Googleに買収された後、開発中止になっていたNik Collectionだが、DxOが買収したようだ。

DxOはNik Collectionのニューバージョンを2018年にリリースする予定だが、これまでどおり無料になるようだ。
現在のバージョンもDxOから無料でダウンロードできる。

DxOにはFilmPack というフィルム シミュレーション ソフトがあるのだが。
Nik Collectionはどのような位置付けになるのだろうか。

Nik Collectionはフィルムのシミュレーション、HDR作成、ノイズ低減、シャープネス調整などができる、
8つのプラグインで構成されている。

  • Analog Efex Pro 2(フィルム風エフェクト)
  • Silver Efex Pro 2(モノクロフィルムシミュレーション)
  • Color Efex Pro 4(色補正)
  • HDR Efex Pro 2(HDRイメージ作成)
  • Dfine 2(ノイズ低減)
  • Viveza 2(画像の部分調整)
  • Sharpener Pro 3 Output Sharpening(出力媒体向けシャープネスツール)
  • Sharpener Pro 3 Raw Presharpening(シャープネスツール)

フィルムのシミュレーションもできて、DxOのFilm Packと同じような目的のプラグインである。

プラグインということだが、スタンドアロンとしても利用可能で、それぞれのプラグインをアプリとして起動して、
写真をドラッグ アンド ドロップすれば読み込みができるので、Lightroomなどのホストアプリがなくても使うことができる。

2017年10月31日

SHOWA #11 * 影

Canon F1
KODAK TRI X
EPSON GT-F740

2017年10月29日

2017年10月27日

F1 のワインダーの音を聞いてみる

Canon F1とPower Winder F

ミラークッションのモルトを張り替えて、心配なくシャッターが切れるようになったキヤノンF1で、
「POWER WINDER F」を使ってみた。

POWER WINDER F
  • 巻き上げ速度:0.5秒
  • シャッター速度範囲:1/2000 - 1 s (シングルモード)
              1/2000 - 1/60 s (連続モード)
  • バッテリー:バッテリーパックA、単三電池4本
  • バッテリーチェック: LED
  • 撮影枚数:36枚撮りフィルム20本(アルカリ電池)
  • リモートコントロール:リモートスィッチ3
               リモートスィッチ60
               ワイヤレスコントローラーLC-1
  • 大きさ: 161 x 99 x 79.3 mm
  • 重さ: 430g(単三電池4本含む)


Power Winder FとバッテリーパックA

この「POWER WINDER F」はF1のような総金属製ではなく、ベースの上部とグリップ部が金属製で、
ベースの下部とグリップのトップは樹脂製になっている。

電源は単三電池4本でバッテリーパックAを取り外して、金属製ホルダーを上げてセットする。


Power Winder Fの取り付け

キヤノンF1への取り付けは底蓋を外して行う。
電池蓋を外し底蓋を引くと外れるので、電池と電池蓋を元通りに取り付ける。
パワーワインダーの電源をオフにして底にはめ込み、取り付けネジを回して取り付ける。


シャッターボタン

シャッターボタンはグリップのトップと縦位置用にグリップの基部にあり、ロックレバーも付いている。


警告ランプ

バッテリーパックAと右側に赤いバッテリー警告ランプがあり、バッテリーが低下すると点灯して巻上げが停止する。


電源、モードスイッチ

側面の電源スイッチで、連続モード(C)とシングルモード(S)が選べる。
右側にバッテリーパックの取り外しレバーがある。
正面には取り付けネジとリモートコントロールソケットが付いている。


三脚ネジ穴と巻き戻しボタン

底面には三脚ネジ穴と巻き戻しボタンがある。


Canon F1とPower Winder F

連続モード(C)でシャッターを切ってみると、乾いた金属音とシャーという巻き上げの音が響く。
シャッター音だけでなく、フィルム巻き上げの音がかなり大きくて、
デジタルカメラのシャッター音だけの連射とは明らかに違う。
今、これで街撮りをしたら、注意を引きすぎるだろう。
けれど、当時はこういう音に憧れた。

2017年10月26日

常日頃 x241 * 狭い構図

Olympus PEN E-P5
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4


Olympus PEN E-P5
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4

2017年10月24日

狭くて遠い構図


スナップ写真といえば広角レンズで一歩踏み込んで撮る、ということがセオリーなのだろう。
フィルムで撮っていた時は、よく28mmレンズでスナップをしていた。
けれど、デジタルで写真を撮り始めたころから望遠レンズでのスナップが楽しくなった。

Saul Leiter Foundation

望遠スナップといえばソール ライターを思い浮かべる。
彼の構図は狭い、そして主題となる被写体は遠い。
望遠レンズを縦位置で撮っているので狭く感じるのだろう。
広角レンズは横位置で広がり感が出るが、望遠レンズは縦位置で長焦点らしい狭い画角を感じることができる。

人の視界は横長なので、縦長の写真を見ると凝視した時のような視界の狭まりを強く感じるのだろう。
なので、ソール ライターの写真に縦長の構図が多いのもうなずける。
さらに手前に物を入れ、その奥に被写体を置いて狭い空間を強調している。
こうすることで、構図にも奥行きが出る。

望遠レンズだと、被写体の重なりと圧縮効果も生まれ、絵画のような色の重なりも作り出せる。
そして、影が少ないのも特徴的で、さらに海外の写真家では珍しい暈けも多く見られる。

この一貫した表現は、何かの意図を持って人間社会を撮るということではなく、
ひたすら瞬間の美しさ撮るというスタイルで、人はそのための一要素としか見ていないのだろう。
これらのカラー作品には、ソール ライターの画家としての視点が溢れているようだ。


Saul Leiter Foundation

モノクロームとカラーで明らかに表現が違う。
カラーでは縦位置が多いが、モノクロームでは横位置の写真も多く、
そして被写体に寄って撮っているのだ。
明らかに絵画ではなく、写真として意識しているのだろう。

カラーでは影があまり見られなかったが、モノクロームでは影が写っている写真もある。
これは色での表現でなく、光で表現するモノクロームのを意識しているのかもしれない。

ヴィヴィアン マイヤーは真四角フォーマットのモノクロ表現が魅力的だが、
ソール ライターは縦長のカラー表現に惹かれる。

Saul Leiter Foundation
http://saulleiterfoundation.org

2017年10月22日

SHOWA #9 * 能 - Noh


1975年頃
大阪能楽会館での
大阪式能である



このころは薪能などの写真を
よく撮っていた



この大阪能楽会館も
今年末で閉館になるようだ



建物の老朽化のためのようだが
寂しく思う

Canon F1 or FTb
SUN ZOOM 70-210mm F4
EPSON GT-F740